くすみがどこにあるかによって注意度が変わる

| 未分類 |

くすみの位置によってくすみの状態は異なります。だから、くすみがどこにあるかに注意をして対策を考えるようにしてくださいね。

 
くすみは、顔でも結構多くの場所から出てきます。特に目立つようなくすみは、結構いろいろなところ出てくるでしょう。くすみだからと言って、同じ対策をしては実はダメなのですよ。場所によって変えないとしっかりとくすみを消すことが出来ないので注意してください。だから、どこにくすみがあり、どのような対策をするかをよく考えて選択をするようにしましょう。でないとくすみを本当に消すことが出来ません。

 
くすみの対策として、部分的に良い対策と部分的にやってはいけないものがあります。例えばコンシーラーが良い例ですね。コンシーラーを使用することである程度くすみを見えなくすることが出来るのですが、しかし目の周りなどはコンシーラーよりもアイシャドーの方が良いですね。だから、場所によってやり方を変えないとくすみの対策をすることが出来ないので注意してください。

 
このようにくすみと言っても、どこにどのようにあるかを調べてから対策をしないと、しっかりとくすみを消すことが出来ません。だから、よく考えて対策をしてくださいね。

野菜01